授乳中飲んではいけない薬   

みみりん助産師の
妊娠出産おっぱい育児入門

            みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門 > 授乳中飲んではいけない薬 ブログパーツ




関連記事


妊娠中・授乳中可能な薬について

妊娠中・授乳中可能な薬〜鎮痛剤

妊娠中・授乳中可能な薬についてー風邪をひいたとき

妊娠中・授乳中可能な薬についてー胃腸症状

妊娠中・授乳中可能な薬についてー高血圧のとき

妊娠中・授乳中可能な薬についてー花粉症・アレルギー性鼻炎 のとき

授乳中飲んではいけない薬

妊娠中授乳中の予防接種について

妊娠中・授乳中のインフルエンザの予防接種について

Hibの予防接種について  

日本脳炎ワクチンについて(日本脳炎予防接種について)




 

授乳中は何かと赤ちゃんへの影響が気になるところです。お薬もそのひとつですよね。

お母さんの飲んだお薬は確かに母乳を通して赤ちゃんに移行しますが、その量はお母さんが服用した薬の0.5から1パーセント程度ですといわれています。

赤ちゃんに害が出てくるのは母親の服用した薬が20パーセント以上移行した時とされていますので特別な薬以外は大丈夫と考えていいでしょう。

心配なら産婦人科で薬を処方してもらいましょう。

私も第2子のときに実家で熱をだしてしまい、内科に受診し点滴を受け、薬を処方されました。その時に授乳を1日中止するように言われました。

その時は長女は母乳しかうけつけず大泣きで、私も疲れ果て、結局薬を飲まずおっぱいをあげ、自力でなおりました。

あとで知ったことですが、授乳をしても大丈夫だったのです。(内科の先生でわからなかったのです)

それからというもの、あらかじめ産婦人科で退院時にお薬を出してもらい、外出時必ず持ち歩くようにしています。

少しでも影響を抑えたいときは内服前に授乳しましょう

・・・服用の30分から1時間後が血中濃度のピークとなり、母乳の薬物濃度も高くなります。
また、1日3回服用のお薬だとだいたい2時間くらいで血液中の量は2分の1、4時間後には4分の1に減っており、それに比例して母乳中の濃度も低くなっています。 
 

授乳を中止したほうがよいとされるもの

薬剤   使用目的 赤ちゃんへの影響 
アセプトロール(アセタノール) β遮断薬として高血圧・狭心症に使用 低血圧・徐脈・多呼吸・低体温・チアノーゼ
カフェルゴット 偏頭痛 嘔吐・下痢・けいれん
抗悪性腫瘍剤
免疫抑制剤
悪性腫瘍治療
リウマチ
免疫抑制・発育障害・発がん性など
塩酸コカイン 表面麻酔 コカイン中毒
(けいれん・嘔吐など)
フェノバルビタール
(フェノバール)
催眠・鎮静・てんかん 鎮静
離脱時けいれん
放射線同位元素
(テクネチウム・ガリウムなど)
核医学検査
(シンチグラフィ)
体内からの放射線被爆
甲状腺機能低下症
炭酸リチウム
(リーマス)
躁病 哺乳児の低体温・チアノーゼ


PRキッズ・ベビー・マタニティ売れ筋ランキング

▲このページのトップへ




 

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索

Powered by Yahoo!検索





ウィメンズパーク-ベネッセ-

口コミ情報がたくさん集まって見ごたえあります。

こどもちゃれんじbaby資料請求 

こどもちゃれんじ資料請求でもらっちゃいました



Copyright (C) 2004- みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門All Rights Reserved.